2016.10.31 17:55
☆人のよってなぜ、元々の髪の色が違うの?☆
staff

☆人のよってなぜ、元々の髪の色が違うの?☆

 

こんにちは。
パースィート目黒、中目黒、山下です。

今日は、同じ黒髪又、人種によって少しづつ髪の色が違って見えると思います。

それはなぜか、紐解いて行きましょう!

髪色は、メラニン色素の種類と量によって決まります。

その色素が大きくなったり、量が多くなると光を吸収して髪は黒く見えます。

逆に、メラニン色素がほとんどないと、光の乱反射によって髪は白く見えます。

メラニン色素の種類と量-メラニン色素には、2種類あります。

img_0798

「ユウメラニン」黒~褐色
「フェオメラニン」黄~赤色

赤毛の人に関しては、フェオメラニン(黄~赤色)が豊富ですが、
黒髪、ブラウン毛、ブロンド毛はフェオメラニン(黄~赤色)はほぼ同じぐらいです。

髪の色が違う、一番の原因はユウメラニン(黒~褐色)の量の違いが影響しています。

黒髪-フェオメラニン(少):ユウメラニン(多)
ブロンド毛-フェオメラニン(少):ユウメラニン(少)

黒髪をブリーチしていくと、ユウメラニン(黒~褐色)が壊されて、髪の色が赤褐色からオレンジに変化していきます。

さらにブリーチしていくと、オレンジ色から黄色に変化していきます。

メラニン色素は毛髪の約4.5%以下です。それが0%になると真っ白に見えるようになりますが、

何度かブリーチした髪や、白髪でも薄い黄色っぽく見えるのは、まだメラニン色素が残っているからなんです。